住まうがごとく
秩父の魅力にどっぷり浸かる
~町住客室 秩父宿~

インスタグラム

「町住客室 秩父宿」とは

日帰りだけじゃもったいない。
秩父の魅力はまだまだいっぱい。
夜のディープな町の活気や朝のさわやかな空気まで。
町に溶け込む古民家に泊まりながら客室に閉じこもることなく「住まうがごとく」、町歩きを楽しみ、地元民とふれあい、秩父の魅力にどっぷり浸かる新しい宿泊スタイルを提案します。

住まうように町歩き

町をひとつの宿に見立てて、町歩き手形(宿泊証)と地図を手にして、町歩きを楽しみましょう。

住まうように泊まれる宿

歴史ある古民家で、どこか懐かしさを感じる空間にどっぷり浸かってみましょう。

住まうようにくつろぐ

夜、カウンターでゆっくりとお酒を飲むもよし、朝の気持ちの良い空気を感じながらラウンジで瞑想するもよし、おもいおもいの場所でくつろぎましょう。

池袋から特急ラビューで77分:1500円
各駅停車で約120分:790円

「町住客室」の流れ

従来の宿泊(宿泊施設にてチェックイン)とは違い、チェックイン場所と宿泊施設が異なります。
宿泊施設までの道中、秩父の町をご堪能ください。

チェックイン

働空間にて町歩き手形(宿泊証)と町歩きマップを受け取ってください。

町歩きを楽しむ

町歩きマップの裏面にオススメルートが描いてありますので、マップ片手に出発!

宿泊施設に到着

お腹もいっぱい、心もいっぱい町住客室ののれんを目掛けておいでください。

町住客室の楽しみかた

ディープな町歩きを味わえるしかけ

町の魅力にどっぷりつかる町歩き手形&マップ。
長年地元で愛されたお店や銭湯など、町歩きに欠かせない5つの無料サービスを受けられます。
他にも各種サービスがいっぱい。

古民家ならではの滞在に浸る

町歩きに便利なロケーションの、ぬくもりを感じられる古民家泊。
まるで住んでいる気分で、縁側でお茶をすすったり、朝食のおにぎりをほおばったり。

人とのふれあいを感じるシェアスペース

新しい出会いや人との触れ合いは旅の醍醐味。
ゆるくつながれるシェアスぺースでは地元民 主催のイベントなども開催されます。

フォト

宿泊施設

チェックインについて

働空間(はたらくうかん)
※チェックイン場所は宿泊施設と異なります。
「宿泊施設までの道中、秩父の町を堪能する」
ことをコンセプトとしております。

Phone

0494-26-6061

Email

pararesort.chichibu@gmail.com

Address

〒368-0032
埼玉県秩父市熊木町9-5 秩父ビジネスプラザ 2F

お問い合わせ

お名前【必須】
電話番号【必須】
メールアドレス【必須】
ご相談内容【必須】

本フォームを通じて寄せられた回答は、原則として、お客様が本フォームに入力されたメールアドレス宛に送信、またはお電話番号に発信いたします。
また、あらかじめユーザーの同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。
ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。